各効果別に最強の育毛剤を選んでみた!血行促進、浸透力、保湿、毛母細胞の活性化など

巷には様々な育毛剤が存在しますが、各育毛剤にはそれぞれ特徴があり、得られる効果もそれぞれ異なります。頭皮の血行促進効果をはじめ、頭皮環境の改善効果、浸透力、DHT抑制力、保湿力、毛根細胞の活性化力など、それぞれの育毛剤に備わっている効果も異なります。

現在発売されている育毛剤の中で、育毛剤の主要な効果ごとに最強の育毛剤を選んでみました。

各効果ごとに最強の育毛剤を選びました。

頭皮の血行促進効果

1位:リアップX5プラス
(大正製薬、単品価格7,048円(税抜))

≫公式サイトを見る≪

現在発売されている育毛剤の中で血行促進効果が最も高い育毛剤といえば、間違いなくリアップX5プラスです。血管を拡張し、血管を流れる血液量を増大させる効果のあるミノキシジルを含んでいるのが大正製薬のリアップです。育毛剤リアップは、いくつかの商品ラインナップがありますが、ミノキシジルを最も多く含んでいるのがリアップX5プラス(ミノキシジル5%)です。

海外に目を向けると、5%以上のミノキシジルを配合した育毛剤が存在しますが、国内販売されている育毛剤の中で最もミノキシジルの含有濃度が高いのは、リアップX5プラスになります。

頭皮環境の改善効果

1位:チャップアップ
(ソーシャルテック、単品価格7,400円(税込))

≫公式サイトを見る≪

元気な髪が育つためには、健全な頭皮が必須です。どれだけ髪によい成分が配合されていても、頭皮の状態そのものが悪化していれば元気な髪は育ちません。頭皮環境の改善効果に大きく影響を与えるのが、育毛剤に含まれる植物性天然成分です。チャップアップには、業界最多となる計55種類もの植物性天然素材が含まれています。フケ、かゆみ対策、頭皮の柔軟化、保湿、過剰な皮脂分泌の抑制など、髪が生えやすい頭皮環境を築くには最適の育毛剤です。

浸透力

1位:ナノインパクト100
(ホソカワミクロン、単品価格7,560円(税込))

≫公式サイトを見る≪

育毛剤に含まれる有効成分は、頭皮のより奥深くへと浸透させることで効果的となります。ナノインパクト100は、育毛粒子をホソカワミクロンのナノテクノロジーによって140nmという毛穴の200分の1にまで微細化することに成功しています。育毛剤1ボトルに含まれる粒子の数は100兆個と圧巻です。浸透力にこだわるのであれば、ナノインパクト100を選んで正解です。

DHT抑制力

1位:チャップアップ
(ソーシャルテック、単品価格7,400円(税込))

≫公式サイトを見る≪

成人男性の3人に1人が悩まされているといわれる男性型脱毛症(AGA)。男性型脱毛症は、活性型男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が脱毛作用を働くことで進行していく薄毛の症状です。症状は主に前頭部と頭頂部に表れ、M字ハゲやO字ハゲといったハゲ方は、男性型脱毛症の典型的な症状です。チャップアップには、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変換させる5αリダクターゼの働きを抑える計8種類の生薬成分が配合されています。

保湿力

1位:MARO17コラーゲンショット
(ストーリア、単品価格3,480円(税別))

≫公式サイトを見る≪

頭皮が乾燥しすぎていると、かゆみや炎症、乾いたフケの発生を招きます。粃糠性脱毛症は、乾いたフケが大量に発生することによる頭皮環境の悪化が原因の脱毛症です。頭皮の保湿が急務となります。MARO17コラーゲンショットはその名のとおり、コラーゲンやローヤルゼリー、独自処方のペプチドなど頭皮の保湿効果に定評がある成分が豊富に含まれています。

毛母細胞の活性化

1位:一概には決められない(使用する人による)

髪は毛母細胞が細胞分裂したものです。薄毛や抜け毛に悩む人は共通して毛母細胞が弱体化しており、弱った毛母細胞をいかに活性化することができるかが薄毛対策のカギとなります。近頃の育毛剤には、毛母細胞を活性化させるための様々な工夫や、独自の技術、独自の成分が配合されています。どの育毛剤が最も効果的かは使用する人によって大きく異なるため、一概には決められません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする