FAGA治療でスピロノラクトンを飲む前に試しておくべき育毛剤!

FAGAについて

FAGA(女性男性型脱毛症)になる理由

FAGAとは、Female Androgenetic Alopeciaの略称であり、日本語では女性男性型脱毛症と呼ばれています。FAGAは、45歳を過ぎた女性に多く見られる薄毛の症状で、原因は卵巣機能の低下に伴う女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の髪の発育に大きく関わっている物質であり、頭皮や毛包細胞、毛母細胞を活性化し、髪の発育を促すことで知られています。加齢による卵巣機能の低下で、エストロゲンそのもののが減少することがFAGAの原因です。

FAGAのもう一つの原因が、女性ホルモンの減少により、男性ホルモンの影響を受けやすくなることです。

女性の体内には、女性ホルモンだけでなく男性ホルモンが流れています。女性ホルモンの絶対量そのものが減少すると、女性ホルモン量に対する男性ホルモン量の割合が大きくなります。男性ホルモンの相対量が増加するのです。

・女性ホルモン:★★★★★★★
・男性ホルモン:★☆☆☆☆☆☆

 ↓ ※女性ホルモン減少

・女性ホルモン:★★☆☆☆☆☆
・男性ホルモン:★☆☆☆☆☆☆

※男性ホルモンの相対量が増加

FAGAの原因は、髪の発育を促すエストロゲンの減少に加えて、男性ホルモンの影響を受けることの2つです。

<FAGAの原因>
・エストロゲンの減少
・男性ホルモンの影響を受けやすくなる

男性ホルモンの影響で髪が薄くなるメカニズム

男性ホルモンの影響を受けて女性の髪が薄くなるメカニズムは以下のとおりです。

DHT(ジヒドロテストステロン)+ 受容体 → 脱毛因子の発生

ポイントは、DHTが単体で脱毛作用を働くのではなく、DHTと結びつく毛包内の受容体が結合することで脱毛因子が発生するということです。女性ホルモンの分泌が活発な時は、DHTの影響は受けにくいですが、女性ホルモンの減少にともなって男性ホルモンの相対量が増すことでDHTの影響を受けやすくなるのです。

FAGAクリニックで行われる治療

内服薬スピノロラクトンの処方

近年、女性の薄毛治療を行うクリニックが増えつつあり、FAGA治療を受ける女性も増えてきています。女性の薄毛治療クリニックに行き、FAGAと診断されれば、「スピロノラクトン」と呼ばれる内服薬を処方されます。

スピロノラクトンは、男性ホルモンDHTと結びつく毛包の受容体に働きかけ、受容体がDHTと結びつきにくくする働きがある内服薬です。DHTと受容体を結びつきにくくすることで、脱毛因子の発生を抑制し、薄毛の進行を抑える効果があるのです。

ミノキシジル外用薬の処方

内服薬であるスピロノラクトンと同時に処方されるのが外用薬です。外用薬は、ミノキシジルを含んだ塗り薬を処方される場合がほとんどです。

ミノキシジルには、血行を促進する作用があり、頭皮に塗布することで頭皮の毛細血管の血流が活発化し、弱った毛根の細胞を活性化する効果があるのです。

FAGAクリニックに通う前に試すべき育毛剤

多くの女性は、クリニックに通う前に自分なりにいろいろ育毛剤を試します。自分になりに育毛剤を試し、思うような改善効果が得られなかった人が薄毛治療のクリニックに通います。

FAGA治療を行っているクリニックはたくさんありますが、処方されるのはスピロノラクトンとミノキシジル外用薬です。この二つの薬を使用しながらクリニックに通い、髪の状態を定期的にチェックしていくことになります。

FAGA治療のクリニックに通う前に、自分なりにいろいろ育毛剤を試すことになると思いますが、試しておくべき育毛剤は、以下の効果を備えた育毛剤です。

・スピロノラクトンと同じ作用を備えている
・ミノキシジルの作用を備えている

スピロノラクトンと同じく男性ホルモンDHTの脱毛作用を抑え、ミノキシジルと同じく頭皮の血行を促進する効果を備えた育毛剤を使用することがFAGAには効果的だからです。

育毛剤は医薬部外品に相当するため、薬のような強い効き目はないものの、上記2つの効果が期待できる育毛剤を使用することが自分でできる最大限の対策です。

様々な育毛剤が存在する中で、スピロノラクトンと同じくDHTの脱毛作用を抑制し、ミノキシジルと同じく頭皮の血行促進作用を備えた育毛剤として挙げられるのがイクオスという育毛剤です。

≫公式サイトを見る≪

公式サイトにも詳しく説明されてあるとおり、イクオスの特徴は、女性の薄毛(FAGA)を引き起こす男性ホルモンDHTの抑制効果があるという点にあります。ミノキシジルと同じく頭皮の血行促進作用もあります。医薬部外品に分類される育毛剤のため、薬のようは強い効き目はないにしろ、FAGA治療で処方される薬(スピロノラクトン、ミノキシジル外用薬)と同じ作用が期待できる育毛剤です。

DHTの抑制効果がある育毛剤は他にもありますが、その多くは男性用となっています。女性用育毛剤として最適な物は、今のところこのイクオスです。クリニックに通う前にこの育毛剤を3ヶ月から半年ほど使用し、薄毛がどれだけ改善するか様子を見てみるべきです。

FAGAで悩む女性の中には、イクオスを使用することで意外とあっさり薄毛が改善する人もいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする