【※騙されるな!】医薬品の育毛剤がオススメできない本当の理由。

育毛剤には医薬部外品のものと医薬品のものと、二種類のものが存在します。言葉の響きから、医薬部外品より医薬品のほうが効きそうと思うのは普通の感覚です。

「医薬部外品より医薬品のほうが効果がありそう・・・」
「医薬品なんだから、医薬部外品より効果があるでしょ・・・」

このように考える人も多いことでしょう。育毛剤選びで悩んでいる人の中には、医薬部外品ではなく医薬品の育毛剤の購入を検討している人がいると思います。

ですが、

医薬部外品の育毛剤には騙されるな!

と敢えて忠告しておきます。

”医薬品だから”という理由で安易に育毛剤に手を出すと、後で後悔することになります。育毛剤選びを間違えると、治るはずの薄毛も治らなくなってしまうのです。

医薬部外品と医薬品の違い

育毛剤のみならず、スキンケア用品やサプリメント等には医薬部外品のものと医薬品のものとがあります。医薬部外品と医薬品は以下のように定義されています。

「医薬品」・・・病気の予防・治療を目的とした薬であり、厚生労働省から「配合されている有効成分」の効果が認められたもの。

「医薬部外品」・・・病気の予防、衛生などを目的とした薬で、有効成分が一定の濃度で配合されている。医薬品より効果が穏やかなのが特徴。

医薬品と医薬部外品の決定的な違いは、含まれている成分にあります。「医薬品」には厚生労働省から認められている医薬成分が配合されているのに対し、「医薬部外品」には有効成分が配合されているものの、医薬成分は配合されていません。

「医薬品」・・・医薬成分が配合されている

「医薬部外品」・・・医薬成分が配合されていない

薬とサプリメントの違いで考えると分かりやすいです。医薬成分が含まれている医薬品である薬、医薬成分が含まれていない医薬部外品がサプリメントです。

一般的に、医薬成分が含まれているか含まれていないかで、医薬品と医薬部外品は分類されます。

医薬品に分類される育毛剤とその効果

ドラッグストアや薬局に行けば所狭しと並んでいる育毛剤ですが、医薬成分を含んでいるか含んでいないかで、育毛剤は医薬品のものと医薬部外品のものとに分類することができます。

現在、販売されている主な育毛剤の中で、医薬品と分類されるものは以下のものです。

医薬品に分類される育毛剤

<リアップ(大正製薬)>
・含まれている医薬成分・・・ミノキシジル

<カロヤンプログレ(第一三共ヘルスケア)>
・含まれている医薬成分・・・塩化カルプロニウム

<カロヤンガッシュ(第一三共ヘルスケア)>
・含まれている医薬成分・・・塩化カルプロニウム

<メディカルミノキ5(アンファー)>
・含まれている医薬成分・・・ミノキシジル

<リグロEX5(ロート製薬)>
・含まれている医薬成分・・・ミノキシジル

これらの育毛剤が医薬品に分類されているのは、ミノキシジルもしくはカルプロニウム塩化物という医薬品成分が配合されているからです。

ミノキシジルはもともと高血圧患者に投与されていた医薬成分です。塩化カルプロニウムは胃腸薬としても用いられている医薬成分です。両者共に血管を拡張する作用あり、育毛剤に使用されています。

ミノキシジルや塩化カルプロニウムを含む液体を頭皮に塗布することで、頭皮を流れる毛細血管そのものが拡張されます。毛細血管が拡張されることで血管を流れる血液量が増大し、結果、血流を改善する効果があるのです。

ミノキシジル、塩化カルプロニウムによって得られる効果は血行の促進です。血流改善、血行促進効果が、ミノキシジルまたは塩化カルプロニウムを使用することで得られるのです。

医薬部外品に分類される育毛剤の多くにも血流改善、血行促進効果は期待できるものの、ミノキシジルや塩化カルプロニウムといった医薬成分は含まれておらず、医薬成分に指定されない成分によって効果が期待できるようになっています。

医薬品に分類される育毛剤の欠点

ミノキシジルや塩化カルプロニウムによって優れた血行促進効果が期待できる医薬品の育毛剤ですが、医薬品の育毛剤の欠点は、”抗男性ホルモン効果”がない点にあります。

現在販売されている主な医薬品の育毛剤であるリアップやカロヤンプログレ、カロヤンガッシュ、メディカルミノキ5、リグロEX5いずれも優れた血行促進作用があるものの、抗男性ホルモン効果はありません。

リアップ・・・抗男性ホルモン効果なし
カロヤンガッシュ、カロヤンプログレ・・・抗男性ホルモン効果なし
メディカルミノキ5・・・抗男性ホルモン効果なし
リグロEX5・・・抗男性ホルモン効果なし

抗男性ホルモン効果とは、男性ホルモンによる脱毛作用を抑制する効果です。薄毛、抜け毛の原因は様々ですが、中高年男性の薄毛の大きな原因の一つが男性ホルモンです。

男性ホルモンが主な原因による薄毛は、医学的にはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因は男性ホルモンです。男性ホルモンの主成分であるテストステロンが体内酵素の5αリダクターゼの働きによってテストステロンからジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンに変換されます。

そして、ジヒドロテストステロンが前頭部や頭頂部に密集するアンドロゲンレセプターと結合することで薄毛が進行していきます。

AGAは、前頭部または頭頂部に症状が表れる!

抜け毛、薄毛の原因は様々ですが、前頭部または頭頂部に薄毛の症状が表れているのであれば、AGA(男性型脱毛症)である可能性が高いです。

AGAは、男性の前頭部または頭頂部に症状が表れるのが特徴です。なぜなら、男性の前頭部と頭頂部には、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと結合し、薄毛を進行させるアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が密集しているからです。

アンドロゲンレセプターは、側頭部や後頭部にはあまり分布していないにも関わらず、前髪の生え際周辺と頭頂部に多く分布しているのです。

そのため、側頭部や後頭部の髪は全く問題ないにも関わらず、前髪の生え際が後退していったり、頭頂部の髪が円状に薄くなったりしていくのです。

AGA(男性型脱毛症)の根本的な対策を行うのであれば、ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンの発生そのものを抑える必要があります。

ですが、現在販売されている医薬品の育毛剤には、抗男性ホルモン効果がありません。つまり、AGAの根本的な原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果がないのです。

AGAなのであれば、血行を促進しただけでは意味がない!

医薬品に分類される育毛剤には確かに優れた血行促進効果があります。ですが、AGA(男性型脱毛症)なのであれば、頭皮の血行を促進しただけで根本的な解決にはなりません。

頭皮の血行を促進すると、一時的に髪に元気が戻ることがあります。髪を作り出す毛母細胞は、頭皮を流れる血液から栄養素を吸収し、細胞分裂を繰り返しています。

頭皮の血行を促進することでより多くの血液が毛母細胞に供給され、細胞が活性化して髪にハリやコシが戻り、髪が復活したかのように思えることもあるでしょう。

ですが、それはあくまでも一時的なものに過ぎません。

男性ホルモンが体内に流れている限り、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンは産生され続けます。AGAの根本的な原因物質であるジヒドロテストステロンの産生そのものを抑制しない限り、時間が経てば確実に薄毛は進行していくのです。

最終的には、側頭部と後頭部の髪を除いてほぼ全ての髪が抜け落ちてしまうと言われています。

血行を促進することは髪に元気を与えることにつながりますが、AGAなのであれば、それ以前に男性ホルモン対策を行う必要があるのです。

抗男性ホルモン効果がある育毛剤は?

残念ながら現在のところ、医薬品に分類される市販の育毛剤で抗男性ホルモン効果があるものはありません。高い血行促進効果は備わっているものの、抗男性ホルモン成分が含まれている医薬品の育毛剤はありません

医薬品ではなく、医薬部外品の育毛剤に目を向けると、抗男性ホルモン効果が備わっている育毛剤がいくつか存在します。

具体的には以下のものが挙げられます。

チャップアップ、イクオス、モウガシナジー、リデン、フィンジア、Deeper3D、ブブカ、バイタルウェーブ、プランテルEX、ポリピュアEX

こうした育毛剤には、抗男性ホルモン効果が備わっています。これらの育毛剤はいずれも医薬部外品に分類される育毛剤であり、ミノキシジルや塩化カルプロニウムといった医薬成分は含まれていないため、血行促進効果という面では、医薬品の育毛剤より効果は若干劣るのが事実です。

ですが、医薬品の育毛剤にはない抗男性ホルモンホルモン効果が備わっており、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生そのものを抑制する効果が備わっています

中でも、チャップアップという育毛剤は、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生そのものを抑制する効果が高い育毛剤として知られています。現在販売されている育毛剤の中ではその効果が最も期待できます。

≫チャップアップ公式サイト≪

抗男性ホルモン効果だけでなく、頭皮の血行促進効果や頭皮ケア成分、髪を作り出す原料となるアミノ酸成分も豊富に含まれており、トータル的に優れた育毛剤として、チャップアップはAGAで悩む多くの男性から選ばれています。

・参考:男性ホルモンが原因の薄毛AGAにはチャップアップがオススメな理由。

まとめ

・育毛剤には医薬品のものと医薬部外品のものとがありますが、両者の違いは医薬成分(ミノキシジルや塩化カルプロニウム)が含まれているか、いないか。

・ミノキシジルや塩化カルプロニウムには優れた血行促進作用がありますが、AGAなのであれば、血行を促進しただけでは根本的な解決にはならない。

・AGAの根本的な原因は男性ホルモンであり、育毛剤でAGA対策を行うのであれば抗男性ホルモン効果のあるものを使用すべき。

・現在市販の医薬品の育毛剤に抗男性ホルモン効果があるものはなく、医薬部外品に分類される育毛剤にその効果が備わっているものがある。育毛剤でAGA対策を行うのであれば、抗男性ホルモン効果を備えた医薬部外品のものに目をむけるべき。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする