O字ハゲの原因と対策、使用する育毛選びで注意すべき事は?

O字ハゲとは?

O字ハゲとは、一言で言えば頭のてっぺんの髪が薄くなっている症状の事です。医学的に「O字ハゲ」という言葉は存在せず、頭頂部の薄毛のことを総称して「O字ハゲ」と呼んでいます。

O字ハゲで困るのは、人に頭を下げる時です。人に頭を下げると頭頂部の薄毛が他人の視線にさらされてしまいますからね。「見られているかも・・・」という心配を必要以上にしてしまうのがO字ハゲの悩ましい点です。

O字ハゲの原因は?なぜ頭頂部だけハゲる?

O字ハゲの主な原因は男性ホルモンです。薄毛や抜け毛の原因は様々ですが、頭頂部の薄毛、通称「O字ハゲ」の主な原因は男性ホルモンです。

側頭部や後頭部の髪は問題ないのに、頭頂部の髪だけ薄くなっているのは明らかに男性ホルモンが影響しています。なぜなら、頭頂部には男性ホルモンと結合するアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が密集しているからです。

アンドロゲンレセプターは、側頭部や後頭部にはあまり分布しておらず、頭頂部や前頭部に密集している傾向があります。側頭部や後頭部の髪は問題ないにもかかわらず、頭頂部の髪だけ薄くなっているのは男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターが頭頂部に密集しているからです。

男性ホルモンによる脱毛作用は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンが根本的な原因物質です。ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターが結合することで脱毛作用が進行していきます。

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 脱毛作用

ジヒドロテストステロンは、単体では脱毛作用を働くことはなく、ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)が結合することで脱毛が進行していくのです。

O字ハゲの対策で行うべき事

頭頂部の薄毛、通称「O字ハゲ」なのであれば、まず最初に行うべきことは男性ホルモン対策です。男性ホルモンによる脱毛作用を抑える必要があります。

O字ハゲの根本的な原因となっているのはジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは略してDHTとも呼ばれています。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの元々の成分であるテストステロンが変化した成分です。テストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の還元作用を受けてジヒドロテストステロンへと変化するのです。

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

O字ハゲなのであれば、何よりも優先して行うべきがジヒドロテストステロンの産生を抑制することです。ジヒドロテストステロンの産生を抑えることができれば、O字ハゲはそれ以上進行することはありません。逆に、ジヒドロテストステロンの産生を抑制しなければ、O字ハゲはどんどん進行していくのです。

O字ハゲに効果的な育毛剤は?

薄毛対策の基本は育毛剤です。まずは育毛剤を使用することが薄毛対策のファーストステップです。ですが、むやみやたらと育毛剤を使用してもO字ハゲが改善されることはありません。

O字ハゲの根本的な原因は男性ホルモンであり、ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分が原因物質です。ジヒドロテストステロンと頭頂部に分布するアンドロゲンレセプターが結合することでO字ハゲは進行していくのです。(※アンドロゲンレセプターは、頭頂部と前頭部に多く存在している)

育毛剤のメインとなる効果は頭皮の血行促進や頭皮ケアです。ほとんどの育毛剤には、頭皮の血流を良くして、頭皮の環境を改善する成分が含まれています。

ですが、頭皮の血行をいくら促進したとろで、O字ハゲを根本的に改善することは難しいです。頭皮の環境をいくら改善したところで、O字ハゲが元のフサフサした状態に戻ることはありえません。なぜなら、O字ハゲの根本的な原因は男性ホルモンであり、活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンがその原因物質だからです。

O字ハゲを改善したいのであれば、O字ハゲの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果がある育毛剤を使用する必要があります。

頭皮の血行促進だけではダメ、頭皮環境の改善だけではダメ、まずはジヒドロテストステロンの発生を抑えなければ何をやっても意味がないのです。

使用する育毛剤には、ジヒドロテストステロンの抑制する効果があるものを選ぶ必要があります。5αリダクターゼ酵素の働きを抑え、ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果を備えた育毛剤を使用することがO字ハゲを克服する一番の近道なのです。

ジヒドロテストステロンの産生を抑える効果を備えた育毛剤は何種類か存在しますが、その中でも特に効果的とされるのがチャップアップという育毛剤です。

→チャップアップ 公式サイトに行く

チャップアップには5αリダクターゼの働きを抑える以下計8種類の有効成分が含まれています。オウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ジオウエキス。

5αリダクターゼ酵素の働きを抑える成分がこれだけ多く含まれている育毛剤は、今のところチャップアップが最多です。他の育毛剤ではたいがい1種類か2種類といったところであり、DHTの抑制力もチャップアップと比較すると強くはありません。

・参考:男性ホルモンが原因の薄毛AGAにはチャップアップがオススメな理由。

プロペシアを飲むのはアリ?

男性ホルモンが原因の薄毛は、医学的にAGA、男性型脱毛症と呼ばれています。O字ハゲもAGA、男性型脱毛症の症状の一つです。

最近は、AGAの治療を行うクリニックが増えてきていますが、AGAの治療で処方されるのがプロペシアという内服薬です。プロペシアにはフナステリドと呼ばれる成分が含まれており、フナステリドには、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する効果があるのです。

フィナステリドを服用することで、O字ハゲの根本的な原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制することができますが、同時に体に副作用が発生します。

全ての人に副作用が発生するわけではありませんが、フィナステリドを服用することで男性機能障害や性欲減退、肝機能障害といった副作用を覚悟しておかなければいけません。

プロペシアを服用することでジヒドロテストステロンの発生を抑制することができますが、同時に副作用とも戦っていかなければならないのです。それを覚悟でプロペシアを服用するのであれば問題ないでしょうが、それが嫌なのであれば、副作用の心配をする必要がないチャップアップなどの育毛剤で対処したほうがよいでしょう。

チャップアップは医薬部外品の育毛剤で、なおかつ含まれている成分は植物性の天然成分がメインです。フィナステリドのような化学合成された成分が含まれていないので、副作用の心配をする必要がなく継続して使用していくことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする