男性ホルモンが原因の薄毛AGAにはチャップアップがオススメな理由。

男性ホルモンが原因の薄毛とは?

男性ホルモンが原因の薄毛は、AGA「男性型脱毛症」と呼ばれています。日本人男性のAGA発症率は30%と言われています、つまり3人に1人ぐらいはAGAだということです。

AGAの原因は男性ホルモンですが、さらに詳しく言うとジヒドロテストステロンという活性型男性ホルモンが原因となります。ジヒドロテストステロンは元々体内に存在する物質ではなく、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる酵素の還元作用によって変化したものです。

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

なぜ、前頭部と頭頂部だけハゲる?

ジヒドロテストステロンは、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と結合することで脱毛作用を働きます。

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 脱毛作用

アンドロゲンレセプターは、側頭部と後頭部にはあまり存在していないにも関わらず、前頭部と頭頂部に密集しています。なので、男性ホルモンが原因の薄毛(AGA)は、前頭部と頭頂部に症状が表れます。側頭部や後頭部の髪は問題ないにも関わらず、前頭部や頭頂部の髪が薄くなっていくというわけです。

AGA、男性型脱毛症の進行の仕方、ハゲ方は人によって違いがありますが、前頭部か頭頂部、前頭部+頭頂部に症状が表れることは共通しています。前髪がM字状に後退するM字ハゲや、頭頂部を中心にハゲが広がるO字ハゲはその典型です。

<典型的なAGAの症状>
・前髪の生え際がM字状に後退する
・前髪の生え際がU字状に後退する
・頭頂部の髪が薄くなる
・前髪+頭頂部の髪が同時に薄くなる

AGAは放置すればするほど薄毛が進行する

AGA、男性型脱毛法の厄介な点は、放置すればするほど症状が進行していくことです。男性の肉体的成長は二十歳がピークですが、男性ホルモンは二十歳を過ぎても分泌量が増していきます。

AGAの原因は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが変化した物質です。テストステロンの分泌量が増せばおのずとジヒドロテストステロンの産生量も増えていくのです。

男性ホルモンが分泌されている限り、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンも産生され続けていくということ。何の処置もせずに放置しておけば、産生され続けるジヒドロテストステロンの影響を受け、薄毛はどんどん広がっていくのです。

前頭部、頭頂部から始まった薄毛はどんどん進行していき、最終的には側頭部と後頭部の髪以外ほぼ全ての髪が抜け落ちてしまいます

AGA、男性型脱毛症ならチャップアップがオススメな理由。

男性ホルモンによる薄毛の進行が始まっているのであれば、一刻も早く対処する必要があります。なぜなら、時間が経過すればするほど薄毛の症状が進行していくからです。

薄毛の対策といえば、まずは育毛剤を使用することです。まずは一刻も早く育毛剤を使用して薄毛対策を始める必要があります。

育毛剤を使用することは間違ってはいませんが、問題なのは育毛剤選びです。

AGAなのであれば、むやみやたらと育毛剤を使用しても効果は限定的です。育毛剤選びは慎重に行う必要があります。育毛剤の基本となる効果は頭皮の血行促進です。頭皮の血行促進効果に加えて頭皮環境を正常化する効果が備わっている育毛剤が一般的です。

ですが、AGAのなのであれば頭皮の血行促進や頭皮のケアだけではダメ

AGAなのであれば、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑える必要があるのです。使用する育毛剤には、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する効果が備わっているものを使用する必要があります。

ジヒドロテストステロンの産生を抑制する効果がある育毛剤はいくつか存在します。実際の商品名とそれぞれの育毛剤におけるジヒドロテストステロン抑制効果は、以下のようになります。

<ジヒドロテストステロンの抑制効果比較>
・チャップアップ・・★★★★★★
・イクオス・・・★★★☆☆☆
・リデン・・・★☆☆☆☆☆
・フィンジア・・・★★☆☆☆☆
・プランテル・・・★★☆☆☆☆
・バイタルウェーブ・・・★☆☆☆☆☆
・ポリピュアEX・・・★★☆☆☆☆
・MSTT1・・・★☆☆☆☆☆
・ブブカ・・・★★★☆☆☆
・Deeper3D・・・★☆☆☆☆☆
・モウガシナジーX・・・★★☆☆☆☆

ジヒドロテストステロンの抑制効果という点で比較すると、他の育毛剤と頭一つ抜きん出いるのがチャップアップです。

≫チャップアップ公式サイトはこちら≪

ジヒドロテストステロンの抑制効果は、5αリダクターゼ酵素の働きをいかに抑えるかが鍵になります。ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼによってテストステロンが変化した物質ですからね。

チャップアップには、5αリゼクターゼの働きを抑える計8種類もの生薬成分が配合されています。他の育毛剤は1種類か2種類、多くても3種類といったところ。チャップアップは、他の育毛剤より豊富な成分が含まれているのです。

AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの抑制に高い効果が期待できるチャップアップですが、頭皮の血行促進効果や頭皮環境の正常化効果、毛根の細胞を活性化する効果もそれぞれ平均的に高いのも特徴です。

育毛剤には、得られる効果に偏りがあるものが多く存在します。血行促進効果がやたら高いわりに頭皮ケアの効果がなかったり、頭皮ケアの効果がやたら高いわりに血行促進効果が弱かったりといった具合に、偏りがあるもの多いのです。

ですが、チャップアップは得られる効果に偏りがなく、ジヒドロテストステロンの抑制効果、頭皮の血行促進効果、毛根細胞への栄養補給と活性化、頭皮環境の正常化効果のいずれもがそれぞれまんべんなく高いのが特徴です。

男性ホルモンが原因の薄毛対策を行いたいのであれば、チャップアップを使用しておけばまず間違いはないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする