遺伝でハゲる確率の高い人が、ハゲる前に使っておくべき育毛剤は?

遺伝でハゲる原因

・父親がハゲている
・父親がハゲていて祖父もハゲている

こんな人は、ハゲが遺伝する確率が高いわけで、今現在ハゲていなくても将来を考えると気が気でないでしょう。

「遺伝でハゲる」、「ハゲが遺伝する」と巷ではよく言われますが、遺伝によるハゲの原因は男性ホルモンです。男性ホルモンは、男性であれば誰しも体内に流れていますが、ハゲ家系に生まれている人は、体質的に男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

男性ホルモンが原因の薄毛は、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質がアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と結合することで進行していきます。

ジヒドロテストステロン(DHT) + アンドロゲンレセプター → 薄毛が進行

ジヒドロテストステロン(DHT)は、髪の毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターと結合して毛包をゆがませて小さくさせ、髪のヘアサイクルの短縮化を引き起こして脱毛を進行させるのです。

遺伝的にハゲやすい人は、男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターが、ジヒドロテストステロンと結合しやすい人です。逆に、遺伝的にハゲにくい人は、アンドロゲンレセプターが、ジヒドロテストステロン(DHT)と結合しにくい人です。

この結合力には個人差があり、結合力、感受性の高さが遺伝すると言われています。「ハゲが遺伝する」ということは、脱毛作用を働くジヒドロテストステロン(DHT)と結合しやすい体質が遺伝したということです。

遺伝でハゲる人のハゲ方

遺伝でハゲる人のハゲ方には特徴があります。ハゲ方に個人差はありますが、前頭部と頭頂部に症状が表れるのが特徴です。

・前髪の生え際がM字状、U字状に後退していっている
・頭頂部が円状に薄くなっていっている
・前頭部+頭頂部が同時に薄くなっていっている

このようなハゲ方をしているのが遺伝ハゲの特徴です。前頭部や頭頂部に症状が表れるのは、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと結合するアンドロゲンレセプターが、前頭部や頭頂部に密集しているからです。

アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体は、男性の前頭部と頭頂部の毛乳頭と呼ばれる毛根の先端に集中しています。逆に、側頭部や後頭部にあまり存在していません。

そのため、側頭部や後頭部の髪は問題ないにも関わらず、前頭部と頭頂部に薄毛に症状が表れるのが通称”遺伝ハゲ”のハゲ方なのです。

遺伝でハゲる確率の高い人が、ハゲる前に使用すべき育毛剤

父親がハゲていたら、ハゲが遺伝する可能性が高いです。さらに、母親方の祖父がハゲていれば、遺伝する可能性はもっと高くなります。

不運にもハゲ家系に生まれてしまった人は、ハゲる前に対策を行う必要があります。何の対策も行わなければ、早い人で20代の後半から薄毛が進行します。重要な事は、ハゲてから対策を行うのではなく、ハゲる前から対策を行うということ。

ハゲてから髪を挽回するのは大変ですが、ハゲる前から対策を行い、ハゲない状態をキープするのはそれほど大変ではありません。”遺伝でハゲる確率が高い”と分かっているのであれば、ハゲる前の今のうちから対策を行う必要があります。

薄毛対策、抜け毛対策といえば、まずは育毛剤を使用することが基本です。ハゲたくなければ、ハゲる前から育毛剤を使用しておくべきです。

ですが、間違いやすいのが育毛剤選びです。

”遺伝ハゲ”の原因は男性ホルモンです。活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンと呼ばれる物質が根本的な原因です。遺伝ハゲの進行を未然に防ぐのであれば、抗男性ホルモン効果のあるものを使用する必要があります。ジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果のあるものを使用する必要があるのです。

ですが、多くの人は育毛剤選びを誤っています。

例えば、育毛トニック。
育毛トニックは、最も手軽に購入できる育毛剤ですが、抗男性ホルモン効果はありません。頭皮の血行を促進するのが育毛トニックの主な役割であり、ジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果はないのです。

例えば、リアップやカロヤンプログレ、カロヤンガッシュ。
リアップにはミノキシジルという頭皮の血行促進効果が強い医薬成分が含まれています。カロヤンプログレやカロヤンガッシュには、塩化カルプロニウムという血行促進作用の高い医薬成分が含まれています。

ですが、抗男性ホルモン効果はありません。つまり、遺伝ハゲの原因である脱毛因子のジヒドロテストステロンを抑制する効果はないということです。遺伝ハゲの根本的な原因対策はできないということです。

ハゲる前から対策を行うことは重要です。ですが、むやみやたらと育毛剤を使用したところで、遺伝ハゲの根本的な原因の対策になっていなければ意味がないのです。

使用する育毛剤には、抗男性ホルモン効果があるものを選ぶ必要があります。具体的には、ジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果がを備わったものを選ぶ必要があるのです。

具体的な商品名を挙げると、チャップアップ、イクオス、プランテルといったものが相当します。特にチャップアップという育毛剤は、高い抗男性ホルモン効果を備えており、遺伝ハゲで悩む男性に人気の育毛剤となっています。

・参考:男性ホルモンが原因の薄毛AGAにはチャップアップがオススメな理由。

どの育毛剤を選ぶかは、その人次第ですが、重要な事は遺伝ハゲの原因であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果があるものを、ハゲる前から使用するということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする