高額で怪しい!?プレミアムブラックシャンプーは買う価値ある!?

ボトル1本400mlで5,484円と高額なプレミアムブラックシャンプー。高額なのは、独自の技術で炭化させた泥を使用している点と、21種類もの天然植物成分を配合している点のようです。

≫公式サイト≪

プレミアムブラックシャンプーを購入するということは、言い換えれば高いお金を払って”炭化された泥”と”21種の天然植物性成分”を買うということ。高いお金を払って買う必要があるのかどうか、またそれだけの効果があるのか、という点について解説します。

泥を使ってまで皮脂を取り除く必要はある?

プレミアムブラックシャンプーの特徴の一つが、炭化した泥であるクレイを使用している点です。炭化した泥、クレイは、シャンプーだけでなく洗顔料にもよく使用される成分です。泥の成分を配合することで毛穴に詰まった皮脂まで取り除くことができる、と謳っているのがプレミアムブラックシャンプーです。

余分な皮脂、過剰な皮脂を取り除くのはいいですが、皮脂を取り除いたからといって髪が生えてくるとは言えません。「毛穴に詰まった皮脂が髪の発育を阻害している」とよく聞きますが、毛穴に詰まった皮脂のせいで髪が生えてこないとは考えづらいものです。

皮脂が髪の発育を邪魔しているのであれば、滅多に風呂やシャワーを浴びないホームレスの人は、皆禿げ上がっているはず。ですが、ホームレスの人でも髪がフサフサしている人はたくさんいます。

独自技術で炭化した泥を配合してまで皮脂を取り除くことに執着する必要があるのか、という事に疑問を感じます。

21種類もの天然成分を配合することに意味はある?

21種類もの植物性天然成分が含まれているのがプレミアムブラックシャンプーの特徴の一つです。豊富な種類の植物性天然成分を配合している点は見栄えがいいものの、果たしてそれだけ多くの成分を配合する意味があるのかは疑問なところです。

頭皮は髪が生える土台であり、頭皮の状態を健全に保つのは重要な事です。ですが、豊富な種類の植物性天然成分を配合したからといって、その数に比例して頭皮環境が良くなると考えづらいです。

シャンプーは主に頭皮を洗うためのもの。シャンプーはあくまでも頭皮を洗浄するためのものであって、育毛剤のように頭皮に育毛液を浸透させるものではありません。どれだけ豊富な種類の植物性素材が含まれていても、その成分が頭皮に浸透することはありません

豊富な種類の植物性素材を配合している点は見栄えがよいですが、すぐに水で洗い流すシャンプー液にそこまでの成分を配合する意味があるかは疑問を感じてしまいます。

「泥」と「21種の生薬」以外は他の育毛シャンプーと変わらない

独自の炭化技術と21種類もの生薬成分を配合しているのがプレミアムブラックシャンプーの特徴ですが、それ以外は一般的な育毛シャンプーと大して変わりありません。

ノンシリコンを謳っていますが、ノンシリコンは育毛シャンプーではごく当たり前の事。アミノ酸系の洗浄成分を使用していると謳っていますが、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーのほとんどはアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

プレミアムブラックシャンプーを敢えて買う価値がある人は?

1本5,000円以上と高額なプレミアムブラックブラックシャンプーですが、敢えて購入する価値がある人を挙げるとすれば、

脂漏性脱毛症

と呼ばれる症状の人でしょう。脂漏性脱毛は、皮脂が過剰に分泌して頭皮がベタつき、湿ったフケが大量に発生することで抜け毛を引き起こす症状です。プレミアムブラックシャンプーに含まれる泥の吸着力で皮脂を取り除き、豊富に含まれている生薬成分が乱れた頭皮環境に効果的に働くかもしれません。

※プレミアムブラックシャンプー公式サイト→

逆に、

・粃糠性脱毛症

と呼ばれる症状が発生している人にはあまりオススメはできません。なぜなら、粃糠性脱毛は、脱脂力の強いシャンプーを使用することによって頭皮の皮脂を取り除き過ぎてしまっていることが原因の場合が多いからです。

皮脂を取り除きすぎていることで頭皮が乾燥し、乾いたフケの発生を招いているのです。皮脂は頭皮を保湿したり、雑菌の繁殖を防ぐ働きがあるもの。皮脂の除去力に定評のあるプレミアムブラックシャンプーでは、皮脂を取り除きすぎてしまう結果になりかねません。

脂漏性脱毛でもなく、粃糠性脱毛でもなく、特に頭皮に異常がないのであれば、1本5,000円以上もする育毛シャンプーをわざわざ買う必要はないでしょう。育毛シャンプーを使用するなら、1本1,000円以下のもので十分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする