薄毛男性がマツモトキヨシで育毛剤を買うのはオススメしない!

マツモトキヨシで育毛剤は買うな!

マツモトキヨシといえば、ドラッグストアの大手チェーン店です。薄毛に悩む男性の中には、マツモトキヨシで育毛剤を購入する人もいると思います。

ですが、薄毛男性がマツモトキヨシで育毛剤を買うのはオススメしません!

なぜなら、マツモトキヨシで売られている育毛剤には、抗男性ホルモン効果がないものがほとんどだからです。抗男性ホルモンとは、男性ホルモンによる脱毛作用を抑制する効果のことです。

成人男性で薄毛に悩まされている男性の多くは、男性ホルモンの影響で髪が薄くなっています。薄毛を改善するには、脱毛因子である男性ホルモンを抑制する必要があるのです。ですが、マツモトキヨシに売られている育毛剤には、脱毛因子である男性ホルモンを抑制する効果を備えたものがほとんどありません。

マツモトキヨシで売られている育毛剤の欠点

マツモトキヨシの店頭で売られている育毛剤というのは、だいたい決まっています。全国に700店舗以上あるマツモトキヨシですが、マツモトキヨシの育毛剤コーナーには、どこの店舗でも同じような育毛剤が並んでいます。

北は北海道から南は沖縄まで数多く店舗が存在するマツキヨですが、取扱商品は会社本部で決められており、育毛剤コーナーで陳列されている育毛剤はだいたい決まっているのです。

具体的な例を挙げると、

リアップシリーズ、アデノゲン、カロヤンプログレ、モウガ、サクセス育毛トニック、バイタルチャージ、加美乃素シリーズ、不老林シリーズ、毛髪活性、毛髪力イノベート、アデノバイタル、フレッシュトニック柑橘EX・・・

といったものが挙げられます。こうした育毛剤の多くは、頭皮の血行促進効果や頭皮ケア効果を備えているものの、抗男性ホルモン効果が全くありません男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果がないのです。

頭皮の血行を促進したり、頭皮の状態を改善したりすることには効果的ですが、これらの育毛剤で、男性ホルモンの影響で髪が薄くなっている薄毛を根本的に改善することはできません。

なぜなら、男性ホルモンが原因の薄毛は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンが原因であり、この脱毛因子の発生そのものを抑えなければ、髪は絶えず脱毛作用を受けるからです。時間が経過すればするほど薄毛は進行していき、最終的には側頭部と後頭部の髪以外全ての髪が抜け落ちてしまうのです。

マツキヨの育毛剤を使用することで、一時的に髪が元気になることはあるでしょう。ですが、それはあくまでも一時的なものであり、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの発生を抑制しない限り、時間が経過すれば薄毛はいずれ進行するのです。

男性ホルモンが原因の薄毛の人が選ぶべき育毛剤

男性ホルモンが原因の薄毛に悩まされているのであれば、育毛剤はマツモトキヨシで選ぶことにこだわってはいけません。巷には膨大な種類の育毛剤が存在し、そのほとんどはネット通販を利用して入手することができます。その中から最適なものを選ぶ必要があるのです。

男性ホルモンの影響で薄毛が進行しているのであれば、育毛剤選びで優先すべき事項は抗男性ホルモンです。脱毛因子である活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンそのものの発生を抑制する効果が備わっている育毛剤を使用すべきなのです。

抗男性ホルモン効果がある育毛剤はいくつか存在します。具体的な商品名を挙げると、

チャップアップ、イクオス、プランテル、フィンジア、バイタルウェーブ、ポリピュアEX、リデン、ブブカ、プランテル、Deeper3D

といったものが挙げられます。

これらの育毛剤は、頭皮の血行促進効果や頭皮環境の正常化効果に加えて、抗男性ホルモン効果が備わっています。脱毛因子であるジヒドロテストステロンと呼ばれる活性型男性ホルモンの産生そのものを抑える効果が備わっているのです。

これらの育毛剤はいずれもネット通販のみで販売されているものであり、いずれもマツモトキヨシでは取り扱われていない育毛剤です。男性ホルモンによる薄毛が進行しつつあるのであれば、こうした育毛剤を使用する必要があります。

・参考:薄毛原因の男性ホルモンDHTを減らしたい人にオススメの育毛剤3選!

中でも、チャップアップという育毛剤は、高い抗男性ホルモン効果がある育毛剤としてよく知られています。

5αリダクターゼと呼ばれる酵素の還元作用をブロックし、ジヒドロテストステロンの発生を抑える生薬成分が多く含まれているのです。

・参考:男性ホルモンが原因の薄毛AGAにはチャップアップがオススメな理由。

日常的にマツモトキヨシを利用しているのであれば、ついついマツキヨで育毛剤を購入してしまいがちです。ですが、男性ホルモンの影響で髪が薄くなっているのであれば、マツキヨにこだわるのではなく、ネット上の多種多様な育毛剤から自分に最適なものを選ぶ必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする