胸毛が濃くてハゲている人にオススメできる育毛剤とできない育毛剤

胸毛が濃くなるの原因は?

男性の胸毛が濃くなる原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの影響だと言われています。男性ホルモンの主成分はテストステロンですが、テストステロンの一部は5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きによってジヒドロテストステロンへと変化されます。

ジヒドロテストステロンは、男性器を形成する物質であると同時に胸毛や髭の発毛を促進する物質でもあるのです。胸毛が濃いということは、ジヒドロテストステロンの分泌量が他の人より多いと考えられます。

胸毛は濃くなるのに、頭は薄くなるのはなぜ!?

胸毛や髭は濃くなる一方で、頭は薄くなる・・・そんなジレンマを抱えている男性も多いことでしょう。ジヒドロテストステロンは、胸毛や髭を濃くする一方で、逆に頭髪を薄くしてしまいます。

ジヒドロテストステロンの影響で頭髪が薄くなるのは、男性の前頭部や頭頂部に、ジヒドロテストステロンと結びつくアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が存在するからです。

アンドロゲンレセプターは、ジヒドロテストステロンと結びつき、TGF-β1という脱毛因子を発生させます。TGF-β1は、毛母細胞の増殖を抑制し、髪のヘアサイクルを乱すことで知られています。アンドロゲンレセプターは、頭部の前頭部と頭頂部の毛乳頭に存在しているものの、胸毛や髭が生える部位には存在しません。

そのため、ジヒドロテストステロンの分泌が活発になればなるほど髭や胸毛は濃くなる一方で、前髪や頭頂部は薄くなっていくのです。

血行促進だけでは逆効果になる場合もある!

薄毛対策といえば、まずは育毛剤を使用することです。ですが、胸毛が濃くて頭がハゲてきている人は、育毛剤選びには細心の注意が必要です。

育毛剤のメインとなる効果は、頭皮の血行促進です。血行を促進することで頭皮の毛細血管の血流がよくなり、より多くの血液が毛根に供給されるようになります。髪を作り出す毛母細胞は、血液に含まれる酸素と栄養素を原料としています。より多くの血液を毛母細胞に届けることで、毛母細胞は活性化されます。

ですが、ジヒドロテストステロンが原因で髪が薄くなってきている人は、頭皮の血行を促進するだけでは逆効果になる場合があります

なぜなら、男性ホルモンは血液に乗って全身を巡っており、頭皮の血行を促進するこということは、より多くの男性ホルモンが毛根に送られるということでもあるからです。ジヒドロテストステロンはテストステロンの一部が変化したもの。頭皮の血行を促進するということは、ジヒドロテストステロンの発生をより多く招いてしまう事になりかねないのです。

胸毛が濃い人が使用すべき育毛剤は?

胸毛が濃いということは、それだけジヒドロテストステロンの分泌が活発だということです。胸毛が濃くて頭が薄くなってきているのであれば、原因はほぼ間違いなくジヒドロテストステロンによるものです。

使用する育毛剤には、血行促進作用や頭皮環境の改善効果だけでなく、ジヒドロテストステロンの発生そのものを抑制する効果があるものを使用する必要があります。

ドラッグストアで売ってある育毛トニック、毛髪活性、リアップ、アデノゲン、カロヤンプログレといった育毛剤は、頭皮の血行促進効果をメインとするものであり、ジヒドロテストステロンの抑制効果は全くありません。胸毛が濃い人には正直オススメできません。

ジヒドロテストステロン抑制効果がある育毛剤は、ドラッグストアなどでは販売されておらず、ネット通販のみで販売されています。以下ページで具体的な育毛剤について詳しく解説しておりますので、興味がある人は覗いてみて下さい。

・参考:薄毛原因の男性ホルモンDHTを減らしたい人にオススメの育毛剤3選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする