頭頂部が薄いなら、フェルササプリよりボストンサプリがおすすめ。

頭頂部が薄くなる根本的な原因

頭頂部の髪が薄くなる原因は、男性ホルモンが大きく関係しています。

頭頂部には、アンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が密集しています。アンドロゲンレセプターと活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロンが結合することで脱毛因子であるTGF-βという物質が発生します。TGF-βは、毛乳頭細胞や毛母細胞の活動を抑制する脱毛作用を働くのです。

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → TGF-β(脱毛因子)

アンドロゲンレセプターは、側頭部や後頭部にはあまり存在していない反面、頭頂部には密集している傾向があります。

そのため、側頭部や後頭部の髪は問題ないにも関わらず、頭頂部の髪だけ薄くなってしまうのです。

頭頂部の薄毛対策で最優先すべき事

頭頂部の薄毛対策で最優先すべき事は、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制することです。頭頂部の薄毛の原因物質はDHTであり、DHTが発生しなければ頭頂部の薄毛は進行しないのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが5αリダクターゼの還元作用によって変化した物質です。

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンの発生を抑制するためには、5αリダクターゼの働きを抑えることがポイントになります。5αリダクターゼの還元作用を抑制すれば、頭頂部の薄毛の原因であるジヒドロテストステロンは発生しないのです。

頭頂部の薄毛対策なら、フェルササプリよりボストサプリがオススメする理由

育毛サプリは、体の内側から薄毛対策、育毛効果が得られるものです。育毛剤が頭皮の外側から作用するのに対し、育毛サプリは頭皮の内側から作用します。育毛サプリを使用することでより効果的な薄毛対策が可能となります。

育毛サプリには様々な商品がありますが、頭頂部の薄毛に悩まされているのであれば、フェルササプリよりボストンサプリをおすすめします。

フェルサもボストンも、どちらもそれぞれ薄毛対策に効果的な育毛サプリではありますが、
頭頂部の薄毛に悩まされている男性であれば、フェルササプリよりボストンサプリのほうがより効果的と言えます。

頭頂部の薄毛対策で重要なのが、”5αリダクターゼ酵素の働きをどれだけ抑制できるか”ということです。5αリダクターゼの働きをブロックすることが、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制すること直結するからです。

育毛サプリには、髪の原料となる成分や毛根を活性化する成分、血流を改善する成分等、様々な有効成分が含まれていますが、頭頂部の薄毛で悩んでいるのであれば、”5αリダクターゼ酵素の働きを抑える力”を要視する必要があります。

フェルササプリ、ボストンサプリ共に5αリダクターゼの働きを阻害するノコギリヤシ成分が含まれているものの、ノコギリヤシの含有量はボストンサプリのほうが圧倒的に多いです。

<ノコギリヤシの含有量(1回分の使用)>
・フェルササプリ・・・100mg
・ボストンサプリ・・・300mg

さらに、ボストンサプリには、脱毛作用の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の働きそのもの抑制するフィーバーフューの成分が含まれています。フェルササプリにはフィーバーフューの成分が含まれていません。

<フィーバーフュー>
・フェルササプリ・・・×
・ボストンサプリ・・・○

頭頂部の薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの抑制効果では、フェルササプリよりボストンサプリのほうに高い効果があるのです。

<ジヒドロテストステロン(DHT)の抑制力>
・フェルササプリ・・・★★★☆☆
・ボストンサプリ・・・★★★★★

含有成分の種類や使用している素材に関してはそれぞれ異なりますので、どちらのサプリが優れているとは言い切れないものの、ジヒドロテストステロンの抑制力という面ではボストンサプリのほうに分があります

頭頂部の薄毛の原因物質の対策を重要視するのであれば、フェルササプリよりボストサプリを選ぶほうが賢明な選択と言えます。

≫ボストンサプリ公式サイト≪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする