AGA治療はどっちでやるべき!?皮膚科とAGAスキンクリニックの違い

プロペシアを処方してもらうだけなら町の皮膚科でもOK!

最近はAGA治療を専門的に行うクリニックが増えてきていますが、AGAの専門クリニックに行かなくても町の皮膚科でもAGAの治療は可能です。

AGAの治療の基本はプロペシアを服用することです。プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制する働きがあります。

プロペシアは、医師の処方箋がなければ入手できない医薬品です。医療機関での診療が必要となってきますが、AGAの専門クリニックに行かなくても町に皮膚科でもプロペシアは処方してもらえます。

プロペシアを処方してもらうだけなのであれば、AGA専門クリニックでも町の皮膚科でも違いはありません。

AGAスキンクリニックで診療してもらうことのメリット

AGAの治療を専門的に行うクリニックが増えてきていますが、中でも最大手のクリニックと言えばAGAスキンクリニックでしょう。

AGAスキンクリニックは、全国50以上もの医院で構成されたAGA治療の最大手クリニックです。AGA治療を専門的に行う医療機関であり、AGAスキンクリニックで診療を受けることにはそれなりのメリットがあります。

膨大な情報に基づく診断

AGAスキンクリニックのカウンセリングでは、問診と目視によりAGAか否かを判断します。訪れる患者の数は膨大な数にのぼり、全国分院における膨大なデータも管理されています。膨大な過去のデータから、患者がAGAか否か、また今後の薄毛の進行予想などを解析してもらうことができます。

町の皮膚科でも、問診や目視による診断は行っていますが、AGAのスキンクリニックに比べると過去の診察データは圧倒的に少なくなります。少ない情報量を基に診断するため、AGAか否か、今後の薄毛の進行予想などは精度が低くなります

マイクロスコープによる頭皮状態の診察

AGAスキンクリニックのカウンセリングでは、マイクロスコープを使用した頭皮状態の確認を行ってもらえます。マイクロスコープで診察した頭皮状態に合わせた治療、薬を処方してもらうことができます。

町の皮膚科はAGAの専門クリニックではないため、マイクロスコープ自体が備わっていない可能性が高いです。

オリジナル発毛薬の処方

AGAスキンクリニックでは、プロペシアに加えて独自の発毛薬「Rebirth」を処方しています。Rebirthには内服薬と外用薬があり、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果に加えて毛母細胞を活性化する亜鉛やビタミン、ミネラルも含まれています。患者の薄毛の状態に合わせた薬の処方を行ってもらえます。

町の皮膚科で処方されるAGAの治療薬はプロペシアのみです。一部ではミノキシジジルタブレットを処方している医院もあります。外用薬は、リアップやカロヤンプログレ、アデノゲンなど市販のものを使用しておいて下さい、と指導されます。外用薬は基本的に自分で選んでドラッグストアや薬局で購入することになります。

AGAメソセラピーによる治療

AGAスキンクリニックでは、飲み薬や外用薬で薄毛の改善が見られない患者に、頭皮の発毛因子を含んだ薬剤を直接注射するDr’sメソと呼ばれる治療を行っています。

内服薬や外用薬による改善効果には個人差があり、薬の効果が表れる人もいれば効果が表れない人もいます。内服薬や外用薬で改善が見られない患者は、頭皮に薬剤を注入する治療を受けることが可能です。

町の皮膚科で可能なAGAの治療は、プロペシアやミノキシジルタブレットと呼ばれる内服薬の処方のみです。頭皮に直接薬剤を注入するような治療を行っている皮膚科はほとんどありません。

まとめ

AGA治療は、AGAの専門クリニックに行かずとも町の皮膚科で受けることも可能です。プロペシアやミノキシジルタブレットを処方してもらうだけなら町の皮膚科を選んで問題ないです。ですが、より専門的な治療を受けるのであれば、AGAスキンクリニックなどのAGA治療に特化したクリニックを選ぶべきです。

※AGAスキンクリニックの無料カウンセリング申し込みはこちら→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする