50歳以上の女は、マイナチュレサプリよりイクモアサプリを選ぶべき!

50歳以上の女性の薄毛の原因

50歳以上の女性の薄毛は、女性ホルモンの減少が大きく関わっています。卵巣から分泌される女性ホルモンは、20代後半をピークに減少していきます。45歳を過ぎると急激に減少し、閉経を迎える50歳には、20代のピーク時に比べ1/8ほどにまで女性ホルモンが減少してしまいます。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンから成り立っていますが、髪の発育に大きく関わっているのがエストロゲンです。エストロゲンは、コラーゲンの生成を促し、髪にツヤとハリを与え、成長期と呼ばれる髪の毛周期を長くします。

このエストロゲンが加齢と共に減少すると、髪は細く弱々しくなり、毛周期における成長期が短くなり、髪は抜けやすくなるのです。

日本人女性の閉経を迎える平均年齢は50歳と言われています。50歳以上で薄毛に悩まされている女性は、女性ホルモンの減少が主な原因と考えることができます。

50歳以上の女性が育毛サプリに求めるべき事

薄毛や抜け毛の対策と言えば、まずは育毛剤を使用することです。育毛剤は、頭皮に塗布するものであり、頭皮の外側から作用するものです。育毛剤だけで思うような効果が得られないときは、育毛サプリを使用するのが効果的です。

育毛サプリは、体の内側から育毛効果が得られるものです。育毛剤が頭皮の外側から作用するのに対し、育毛サプリは頭皮に内側から作用します。

育毛サプリには、髪の原料となる成分、頭皮の血流を改善する成分、毛根の細胞を活性化する成分などが含まれています。50歳以上の女性であれば、それらの成分に加えて女性ホルモン様成分が含まれているものを選ぶことが重要になってきます。

女性ホルモン自体は、卵巣で作られるものです。体内における女性ホルモンの量を増やすことはできませんが、女性ホルモンと同じような働きをする成分を摂取することで、頭髪に対する女性ホルモンの減少を補うことができるのです。

50歳以上の女性の薄毛は、女性ホルモンの減少が大きく関係しています。減少したエストロゲンを補う女性ホルモン様作用のある成分が含まれている育毛サプリを選ぶことが、薄毛対策の鍵になってきます。

マイナチュレサプリよりイクモアサプリを選ぶべき理由

女性に人気の育毛サプリの一つがマイナチュレサプリです。男性を対象とした育毛サプリが多い中で、マイナチュレサプリは女性専用の育毛サプリです。

≫公式サイトを見る≪

マイナチュレサプリには、髪にハリとツヤを与える成分、髪の原料となるアミノ酸やタンパク質、毛根や頭皮を活性化する植物性天然素材が豊富に含まれています。

ですが、マイナチュレサプリには、女性ホルモン様成分が含まれていません。

50歳を過ぎた女性の薄毛原因は、主に女性ホルモンであるエストロゲンの減少であり、使用する育毛サプリには女性ホルモン様成分が含まれている必要があります。マイナチュレサプリには豊富な成分が含まれているものの、減少した女性ホルモンに代わる成分が含まれていないのが難点となります。

一方のイクモアサプリには、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン成分が豊富に含まれています。

≫公式サイトを見る≪

マイナチュレサプリには女性ホルモン様成分が配合されていないのに対し、イクモアサプリには女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれているのです。

<女性ホルモン様成分>
・マイナチュレサプリ・・・☆☆☆(なし)
・イクモアサプリ・・・★★★(大豆イソフラボン)

髪の原料となるアミノ酸や、毛母細胞の活性化に効果的な亜鉛やパントテン酸カルシウム、頭皮の血流を良くする成分なども豊富に含まれています。

閉経を迎えつつある女性であれば、体内で減少した女性ホルモン成分を補うことは絶対に外せません。使用する育毛サプリには、薄毛の原因である減少した女性ホルモンを補う成分が含まれているものを使用するのが賢明な選択です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする