前髪の生え際が後退してるなら、ぐんぐんよりボストンサプリを選べ!

前髪の生え際後退は、男性ホルモンが原因!

男性のハゲ方というのは、人それぞれです。髪全体が薄くなる場合もあれば、つむじ周辺が薄くなっている場合や、前頭部が薄くなっている人もいます。ですが、前髪の生え際が後退しているのであれば、原因はほぼ間違いなく男性ホルモンによるものです。

前髪の生え際には、男性ホルモンのジヒドロテストステロンと結合するアンドロゲンレセプターと呼ばれる物質が密集しています。

アンドロゲンレセプターは、毛根の毛乳頭に存在していて、ジヒドロテストステロンと結合するとTGF-βと呼ばれる脱毛因子を放出します。TGF-βは、毛母細胞の活動を阻害し、毛母細胞を細胞死であるアポトーシスへと誘導します。

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 脱毛因子TGF-β発生

側頭部や後頭部の髪は問題ないにも関わらず、前髪の生え際が後退しているのであれば、原因は明らかに男性ホルモンです。

前髪の生え際後退を抑えるには!?

前髪の生え際の後退を阻止するには、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制することが重要になってきます。ジヒドロテストステロンと前髪の毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターが結合することで脱毛因子TGF-βが放出されます。

ジヒドロテストステロンを抑えれば、前髪の生え際後退は抑えることができるのです。

前髪の生え際後退なら、ぐんぐんよりボストンサプリを選ぶべき!

薄毛の対策で最初に使用すべきは育毛剤ですが、育毛剤で思うような効果が得られない場合は、育毛サプリを併用する必要があります。育毛剤はあくまでも頭皮の外側から作用するものであるのに対し、育毛サプリは頭皮の内側から作用するものです。前髪の生え際後退原因である男性ホルモンは内分泌系の問題であり、体の内側から働きかける育毛サプリは効果的なのです。

様々な育毛サプリが存在する中、「gungunぐんぐん」という育毛サプリに注目している人もいることでしょう。ぐんぐんには、髪の原料となる必須アミノ酸のリジン、コラーゲンペプチド、細胞を活性化するビタミン、ミネラルが含まれています。成長因子を活性させるイソフラボンとカプサイシン、血流を改善する高麗人参も含まれています。

≫公式サイトはこちら≪

5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、脱毛の原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑制するノコギリヤシの成分も含まれています。

「gungunぐんぐん」は、脱毛因子を抑制しながら発毛を促進するトータルバランスにすぐれた育毛サプリと言えます。

ですが、前髪の生え際が後退しているのであれば、gungunよりボストンサプリのほうが効果的です。

≫公式サイトはこちら≪

ボストンサプリは、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害するノコギリヤシ成分が含まれていることに加え、ジヒドロテストステロンの働きそのものを抑制するフィーバーフューが含まれています。

<ジヒドロテストステロンの抑制効果成分>
・gungunぐんぐん・・・ノコギリヤシのみ
・ボストサプリ・・・ノコギリヤシ+フィーバーフュー

前髪の生え際の後退原因物質であるジヒドロテストステロンを抑制する点では、gungunよりボストンサプリのほうが効果的なのです。

<ジヒドロテストステロン抑制効果>
・gungun・・・★★★☆☆
・ボストンサプリ・・・★★★★★

ノコギリヤシ、フィーバーフュー以外にも細胞を活性化する亜鉛やビタミン、髪の原料となるアミノ酸、コラーゲン、血流を良くする成分も豊富に含まれています。豊富な成分を含んでいる分、かかるコストはgungunより高くなるものの、前髪の生え際が後退している男性にはボストンサプリが効果的なのです。

「抜け毛が気になりだした」、「最近髪に元気がない」という薄毛の初期段階であればgungunで十分対応できますが、前髪の生え際が明らかに後退しているのであれば、ジヒドロテストステロンの抑制効果が高いボストンサプリを選ぶべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする