※奇跡の育毛食【豆腐+唐辛子】でハゲ、薄毛に奇跡を起こす!

髪にいいとされる食べ物といえば、納豆や海藻類、緑黄色野菜や牡蠣といったものが挙げられます。納豆には、良質なタンパク質、海藻にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。様々な種類のビタミンを含む緑黄色野菜や亜鉛を含む牡蠣も髪にいいとされています。

こうした食材は、髪の原料となる成分を含んでいたり、毛根の細胞を元気にする効果があることで髪にいいとされていますが、全く別のアプローチでハゲ、薄毛に働きかけるのが「豆腐+唐辛子」の組み合わせです。

豆腐に含まれる大豆イソフラボンと唐辛子に含まれるカプサイシンを同時に摂取することで、胃の知覚神経が刺激され、刺激が脳を経由して全身に伝えられます。すると、毛根内でIGF-1と呼ばれる成長因子が放出されます。IGF-1とは、「Insulin-like growth factors」の略称で、日本語ではインスリン様成長因子と呼ばれる物質です。

髪に元気がない人というのは、共通して毛母細胞が弱体化しています。毛母細胞は髪を作り出す細胞であり、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪は伸びていくのです。毛母細胞が弱体化していれば、髪のヘアサイクルにおける成長期が短くなり、通常より早く退行期が訪れます。成長期から退行期、退行期から休止期へと移行するタイミングで髪は抜け落ちてしまうのです。

大豆イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することで成長因子IGF-1が産生され、発毛効果があることは、名古屋市立大学大学院の研究グループの研究結果でも報告されている事実です。

大豆イソフラボンを豊富に含む食品としては、納豆、豆乳飲料、豆腐、油揚げ、きな粉、味噌といったものがあり、カプサイシンを豊富に含む食品といえば唐辛子です。大豆イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取することを考えれば、冷奴に唐辛子をかけて食べるのが最も摂取しやすい方法です。

・いろんな育毛剤を試したけど、思うような改善が見られない
・いろんなサプリを試したけど、イマイチ効果が表れない

と悩む人は、これまでとは別のアプローチで薄毛、抜け毛対策を試みるのも一つの手です。

体質は人によって異なりますので、ある人には効果があった育毛剤も、別の人には全く効果がないことはよくあることです。ある人には効果があった育毛サプリも、別の人には全く効果がなかったということもよくある話です。

育毛剤は、頭皮の血行を促進して頭皮環境を整えるのがメインとなる効果効能です。頭皮の外側から働きかけるのが育毛剤です。育毛サプリは、髪の原料となる成分、血流を良くする成分、頭皮や毛根の細胞を活性化する成分が含まれているものであり、頭皮の内側から働きかけるものです。

胃の知覚神経を刺激し、刺激が脳を経由して全身に伝えられ、成長因子であるIGF-1を放出させるというアプローチは、従来の育毛ノウハウではなかった事。

成長因子IGF-1を産生させるという全く別の角度からのアプローチにより、今まで何をやっても思うような薄毛の改善が見られなかった人が効果が表れる可能性は十分にあります。

かかる費用も激安です。豆腐は4コパックで138円。唐辛子は100円ほど。かかる費用は1日40円程度です。IGF-1の産生だけでなく、豆腐は髪の原料となる良質なタンパク質を含む食品であり、健康にも良いとされる食品です。健康的に毎日食べられます。何が何でもハゲたくない人は、毎日、豆腐に唐辛子をかけて食べてみる価値は多いにあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする