【父親が禿げ+母方の祖父も禿げ】の人が、ハゲる前にやるべき対策。

ハゲは父親からも母親からも遺伝する!

「ハゲは遺伝する」「遺伝でハゲる」と巷ではよく言われていますが、遺伝的にハゲやすい人というのは、男性ホルモンの影響を受けやすい人です。男性ホルモンの影響で進行する薄毛は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

男性型脱毛症の原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型男性ホルモンです。ジヒドロテストステロンが、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体のアンドロゲンレセプターと結合することでTGF-βと呼ばれる脱毛因子を産生し、脱毛が進行するのです。

ハゲる要素というのは父親からも母親からも遺伝します。父親、母親からは優性遺伝で5αリダクターゼの活性が高い遺伝子が遺伝し、母親からは隔世遺伝でアンドロゲンレセプターの感受性が遺伝すると言われています。

男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが5αリダクターゼ酵素の還元作用によって発生したものです。

テストステロン + 5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

5αリダクターゼの活性力が強ければ、それだけジヒドロテストステロンが発生しやすいということです。5αリダクターゼ活性の高さは父親からも母親からも遺伝します。

ジヒドロテストステロンと結合するアンドロゲンレセプターには人それぞれ感受性があり、感受性が弱ければジヒドロテストステロンと結合しにくく、感受性が強ければ結合しやすくなります。アンドロゲンレセプターの感受性は母親から遺伝すると言われています。

「父親がハゲ+母方の祖父がハゲ」なら高確率でハゲる!

父親がハゲているからといって、その子供が父親と同じようにハゲるとは限りません。父親から遺伝されるのは5αリダクターゼの活性力であり、ジヒドロテストステロンの産生力です。

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターが結合すること進行していきます。アンドロゲンレセプターの結合力の強弱によってジヒドロテストステロンの影響を受けるか受けないかが変わってくるのです。

アンドロゲンレセプターの感受性は母親から遺伝すると言われています。母親の父親、つまり母方の祖父がハゲていたのであれば、感受性の高いアンドロゲンレセプター遺伝子が母親に遺伝されている可能性があり、その子供にも遺伝されている可能性が高くなります。

父親がハゲているからといって必ずしもその子供がハゲるわけではありませんが、父親がハゲていることに加えて母方の祖父がハゲていたのであれば、高確率でハゲることになります。

遺伝でハゲる前に行っておくべき対策

遺伝的にハゲやすい家系に生まれたのであれば、ハゲる前に対策を行っておくことが重要になります。ハゲてから対策を行って髪を取り戻すのは難しいです。ですが、ハゲる前から対策を行い、ハゲないようにするのはそれほど難しいことではありません。

ハゲる前から育毛サプリを服用する!

遺伝でハゲるのは、男性ホルモンが根本的な原因です。ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型男性ホルモンが男性ホルモン受容体と結合し、脱毛因子を産生することで薄毛が進行します。

ハゲる前に行っておくべ対策としては、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制しておくということです。DHTが発生しなければ男性型脱毛症は進行しません。

ジヒドロテストステロンの抑制効果があるものとして有名なのが内服薬のプロペシアです。プロペシアはAGA治療で使用される内服薬であり、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、DHTの産生を抑制する効果があるのです。ですが、プロペシアには男性機能障害や性欲減退といった副作用がつきものです。

プロペシアを服用するのではなく、ジヒドロテストステロン(DHT)の抑制効果がある育毛サプリをハゲる前から服用すれば、副作用の心配をすることなくDHTを抑制することができます。

5αリダクターゼ酵素の働きを阻害するノコギリヤシ、DHTの働きを抑制するフィーバーフューを含むものがオススメです。

・参考:プロペシアを飲みたくない人にオススメする育毛サプリ5選!

抜け毛が気になりだしたら育毛剤を使用する!

髪に問題がないのであれば育毛剤を使用する必要はありませんが、抜け毛が気になりだしたら早めに育毛剤の使用を開始したほうがよいです。育毛剤には様々な種類のものがありますが、重要なのはジヒドロテストステロンの抑制効果のある育毛剤を使用するということです。

一般的な育毛剤は、頭皮の血行促進作用や頭皮環境の正常化効果が備わっていますが、遺伝でハゲるのは男性ホルモンが根本的な原因です。頭皮の血流を改善したり、頭皮に栄養を与えたりすることも重要ですが、”遺伝ハゲ”の原因物質であるジヒドロテストステロンを抑制する効果があるものを使用する必要があります。

・参考: 薄毛原因の男性ホルモンDHTを減らしたい人にオススメの育毛剤3選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする