育毛剤イクオス|20代女性から不人気なのに50代女性から人気の理由。

20代と50代女性では、薄毛の原因が異なる

若い女性から年配の女性まで薄毛に悩む女性はたくさんいますが、20代女性と50代女性の薄毛の原因というのは根本的に異なります

20代女性の薄毛の原因

20代女性の薄毛の原因で最も多いのが頭皮環境の悪化です。20代という若い年代の女性は、ファッションに敏感で、カラーリングやパーマなど流行に合わせて髪型を頻繁に変えます。また、使用するシャンプーもコレといって定まってはおらず、あれこれいろんな商品を試したくなる年代でもあります。

カラーリング、パーマ、使用するシャンプーをあれこれ変更することから、20代女性は頭皮にダメージを負っていることが多く、それが原因で抜け毛や薄毛を引き起こすケースが多いのです。

また、20代という年代は、就職、結婚、出産と様々なイベントを控えており、精神的なストレスを受ける機会が多いです。ストレスが原因で薄毛や抜け毛に悩まされている女性も多いです。

<20代女性の薄毛の主な原因>
・頭皮環境の悪化(カラーリング、パーマ、シャンプーの変更等による)
・ストレス(就職、結婚、出産等による)

50代女性の薄毛の原因

50代女性の薄毛の原因は20代女性とは異なります。50代ともなれば、頻繁に髪型を変えることもありませんし、ファッションで髪を染めたりすることも若い女性と比べれば少ないはずです。使用するシャンプーをコロコロ変えることもなく、数年前から使用しているシャンプーを使用し続けているはずです。

また、若い女性と比べると精神的にも安定しており、精神的に不安定な若い女性のように心的ストレスを頻繁に受けることも少ないはずです。

頭皮環境が悪化しているわけでもなく、ストレスを受ける機会も少ないにも関わらず50代女性の髪が薄くなるのは、女性ホルモンの減少が大きく関係しています。

<50代女性の薄毛の原因>
・女性ホルモンの減少

女性が閉経を迎える平均年齢は50歳であり、それと同時に女性ホルモンの分泌量は激減します。女性ホルモンは卵巣から分泌されており、卵巣の働きが活発な20代女性と比べると、50代女性の女性ホルモン量は、1/8まで減少してしまいます。

女性ホルモンの減少で髪が薄くなる理由

女性ホルモンの成分であるエストロゲンは、髪の発育と大きく関係しています。毛母細胞を活発にし、髪にハリとツヤを与え、毛周期における成長期の期間を長くする働きがあります。エストロゲンが減少すると毛母細胞は元気を失い、毛周期における成長期間の期間が短くなり、髪が抜けやすくなるのです。

50代女性の髪が薄くなる原因は、エストロゲンの減少そのものが原因であるのが一つです。

もう一つが、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンの影響を受けやすくなることです。

女性の体内には、女性ホルモンに加えて男性ホルモンが流れています。男性ホルモンは、女性の筋肉や骨格を形成する働きがあります。卵巣の働きが活発な若い女性であれば、女性ホルモンの量は男性ホルモンに比べて圧倒的に多いですが、加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減少すると、女性ホルモンに対する男性ホルモンの比率が大きくなり、男性ホルモンの相対量が増加するのです。

男性ホルモンの主成分はテストステロンと呼ばれる物質ですが、その一部は5αリダクターゼと呼ばれる酵素の作用でジヒドロテストステロンへと変化します。ジヒドロテストステロンは、頭髪における脱毛作用を働く物質です。

女性ホルモンの分泌が活発な20代女性であれば、ジヒドロテストステロンの影響を受けることはありませんが、女性ホルモンの絶対量そのものが激減してしまっている50代女性は、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすくなっているのです。

女性ホルモンの絶対量の減少により、男性ホルモンの影響を受けやすくなることも50代女性の薄毛の原因なのです。

<女性ホルモンの減少で髪が薄くなる理由>
・エストロゲン(女性ホルモン)の減少
・ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)の影響を受けやすくなる

20代女性と50代女性とでは使用する育毛剤は異なる

20代女性と50代女性とでは、使用すべき育毛剤は異なります。なぜなら、20代女性と50代女性とでは、薄毛、抜け毛の原因が大きく異なるからです。

20代女性の薄毛の原因の多くは、乱れた頭皮環境やストレスによる血行不良が原因です。
一方の50代女性は、女性ホルモンの減少が根本的な原因です。20代女性と50代女性とでは、薄毛の原因が大きく異なるため、使用する育毛剤も異なるのです。

イクオスが50代女性から人気の理由

20代女性には不人気の育毛剤「イクオス」が、50代女性に人気なのは、脱毛因子であるジヒドロテストステロン(男性ホルモン)を抑制する効果が備わっているからです。

≫公式サイト≪

50代女性の薄毛の主な原因は、女性ホルモンの減少です。女性ホルモンは卵巣から分泌されるものであり、体内における女性ホルモンの絶対量を増やすことはできません。ですが、脱毛作用を働く男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの発生そのものを抑制することは可能です。

育毛剤イクオスには、5αリダクターゼ酵素の働きをブロックし、脱毛因子であるジヒドロテストステロンの産生を抑制する効果があります。女性ホルモンの減少により、影響を受けやすくなった男性ホルモンの脱毛因子であるジヒドロテストステロンの発生を抑えることができるのです。50代女性からイクオスが支持されているのはこの効果が備わっているからです。

※イクオス公式サイトを見る→

それ以外にも、頭皮環境を整える効果や毛根を活性化する効果、頭皮の血行を促進する効果なども備わっていますが、決め手となるのはやはりジヒドロテストステロンの抑制効果です。

50代女性の薄毛は、若い女性の薄毛とは原因が根本的に異なります。薄毛の原因をしっかり認識し、その原因の対策に効果的な育毛剤を使用することが薄毛克服への近道です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする