AGAスキンクリニックに行く前に必ず試すべき育毛剤と育毛サプリ!

AGAスキンクリニックに行く前に・・・

近年増えつつあるAGAのクリニック。中でも最大手と言えばAGAスキンクリニックです。その他にもAGA治療を専門的に行っているクリニックといえば、銀クリAGAやヘアメディカル、湘南美容外科クリニックといったクリニックが挙げられるでしょう。

薄毛に悩む人の中には、AGAスキンクリニックを始めとするAGAクリニックの診察を受けることを検討している人もいると思いますが、「AGAのクリニックに行くのはまだ待て!」と言っておきます。

AGAのクリニックに行くと投薬治療が始まる

AGA治療でまず最初に行われる治療は、プロペシアという内服薬の服用です。もちろん、プロペシアを処方される前には、問診や目視による頭皮状態の確認、中には遺伝子検査を行っているクリニックもあることでしょう。

ですが、治療として最初に行われることは、内服薬であるプロペシアの服用です。プロペシアは、アメリカのメルク社が発売する薬の名称で、ジェネリック薬であるフィナステリド錠として処方される場合もあります。

プロペシアは副作用がつきもの

AGA治療で最初に処方されるプロペシアですが、医薬品であるプロペシアには副作用がつきものです。プロペシアには、以下の副作用が報告されています。

<プロペシアの副作用>
・男性機能障害(勃起不全)
・性欲減退
・動悸、息切れ
・肝機能障害

AGA治療治続けるということは、プロペシアを服用し続けるということであり、言い換えれば常に副作用のリスクにさらされるということでもあります。

男性にとって致命的というべき副作用がつきものなのがプロペシアやフィナステリド錠です。できれば、副作用のリスクは避けたいものです。

AGA治療の前に試すべき育毛剤とサプリ

AGA・男性型脱毛症の原因は男性ホルモンです。ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる活性型男性ホルモンが脱毛作用を働くことが根本的な原因です。AGA対策で最優先すべき事は、脱毛作用を働くジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えることです。

AGA治療で最初に処方されるプロペシアやフィナステリド錠は、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制するための薬です。

DHTは、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが、5αリダクターゼ酵素の還元作用によって変化した物質です。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑える効果があるのです。

AGAクリニックに行く前に試すべきは、DHTの発生を抑制する効果を備えた育毛剤とDHTの発生を抑制する効果を備えた育毛サプリです。

<AGAのクリニックに行く前に試すべき育毛剤と育毛サプリ>
・DHTの抑制効果がある育毛剤
・DHTの抑制効果がある育毛サプリ

育毛剤や育毛サプリは様々な種類のものが存在します。ですが、AGA・男性型脱毛症なのであれば、最優先すべきはDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制です。

一般的な育毛剤には、頭皮の血行を促進したり頭皮環境を整えたりといった効果が備わっていますが、それに加えてDHTの抑制効果がある育毛剤を試しておくべきです。具体的にはチャップアップイクオスといった育毛剤に高いDHT抑制効果があります。

・参考:薄毛原因の男性ホルモンDHTを減らしたい人にオススメの育毛剤3選!

育毛剤は、あくまでも頭皮の外側から作用するものです。育毛剤を使用するのは基本ですが、AGAの原因物質である男性ホルモンは体の内側から分泌され、頭皮を巡っているものです。育毛剤に加え、体の内側から作用する育毛サプリも同時に使用しておくべきです。

育毛サプリは、血流を良くし、髪や頭皮に栄養を与える成分を含んでいるものが一般的ですが、それに加えてDHTの抑制効果が備わっているものを使用する必要があります。ノコギリヤシやフィーバーフュー(ナツシロギク)の成分は、5αリダクターゼ酵素の働きをブロックし、DHTの発生を抑制する効果があるとされています。

ノコギリヤシやフィーバーフューは植物性天然素材であり、薬のような副作用はありません。副作用を気にせずDHTの発生を抑制することができるのです。具体的には、ボストサプリチャップアップサプリといったサプリにDHTを抑制する高い効果が期待できます。

・参考:プロペシアを飲みたくない人にオススメする育毛サプリ5選!

まとめ

AGAのクリニックに通えば、間違いなく薬漬けの日々が待っています。服用をストップすれば、「飲み続けないと効果がない」とお決まりの台詞を医師から告げられます。副作用のリスクをはらんだ薬の服用は後回しです。最後にやるべきです。

まずは、安心して毎日使用できる育毛剤や育毛サプリで対策を行うべきですが、薄毛の原因対策に最も効果的なものを使用することが重要になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする