リアップを6か月使用して頭頂部のハゲが治らない時、次にすべき事は?

リアップを半年間使用して効果がなかったら・・・

半年間リアップを使用して効果がないなら、使用を一旦中止すべき

リアップを半年間使用し続けたにも関わらず頭頂部の薄毛が改善しないのであれば、リアップの使用は一旦中止すべきです。

リアップには、リアップX5プラス、リアップ、リアップジェット、リアッププラスという商品がありますが、いずれにもミノキシジルという血行促進作用のある医薬成分が含まれています。

医薬部外品に分類される一般的な育毛剤は、効果が表れ始めるのが6ヶ月前後と言われています。リアップは医薬品に分類される育毛剤であり、一般的な育毛剤より早く効果が表れるものです。早い人で3ヶ月後、半年間も使用していれば何らかの改善効果があるはずです。

リアップを半年間も使用し続けて薄毛が改善しなかったのであれば、リアップの使用に見切りをつけて、リアップの使用は一旦中止すべきです。そのまま使用を継続しても薄毛が改善することはないでしょう。

次にやってはいけない事

リアップを6ヶ月間使用し続けたにも関わらず頭頂部の薄毛の改善効果がなかった人が、次にやるべきではないことについて解説します。

血行促進メインの育毛剤に乗り換える

リアップは、頭皮の血行促進をメインとする育毛剤です。リアップを使って効果がなかった人の中には、別の育毛剤に乗り換える人もいると思いますが、血行促進メインの育毛剤に乗り換えるべきではありません

例えば、カロヤンガッシュ、カロヤンプログレといった育毛剤。これらの育毛剤には、血行促進効果のある塩化カルプロニウムという医薬成分が含まれています。これらの育毛剤は、リアップと同じく血行促進をメインとしています。

また、リアップ以上にミノキシジルを含むポラリスやフォリックスといった海外製の育毛剤も使用すべきではありません。リアップで効果がなかった人が、リアップ以上にミノキシジルを含む育毛剤を使用しても間違いなく効果はありません。

AGAのクリニックに行く

リアップで効果がなかったからといって、AGAのクリニックに駆け込むのはやめたほうがいいです。最近増えつつあるAGA治療のクリニック。AGAの専門的な治療を行っているクリニックには、AGAスキンクリニックや銀クリAGA、ヘアメディカル、湘南美容外科といったクリニックが挙げられます。

こうしたAGAのクリニックで診療を受けると、AGA治療としてまず最初に処方されるのがプロペシアです。

内服薬であるプロペシアの服用を進められます。特に頭頂部の薄毛というのは、AGA・男性型脱毛症の典型的な症状であり、医師からはほぼ間違いなくAGAだと診断されます。

AGAだと診断されるとプロペシアを処方され、しばらくの間は、「プロペシアを服用して様子を見ましょう」と告げられます。プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害し、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えることで知られる薬ですが、副作用があることでも知られています。

具体的には、男性機能障害や性欲減退、肝機能障害といった副作用のリスクがついてまわります。プロペシアを服用し続けるということは、こうした副作用のリスクと付き合うことでもあります。

プロペシアを服用するのはなるべく後回しにし、安全で副作用のない方法で薄毛を改善していくべきです。リアップで効果がなかったからといって、すぐにAGAのクリニックを訪れるべきではありません。医療機関であるAGAのクリニックに行けば、必ず薬漬けの日々が待っているのです。

次にやるべき事

DHTの抑制効果がある育毛剤に乗り換える

リアップを半年間も使用して効果がなかったということは、言い換えれば頭皮の血行を促進しただけでは薄毛は治らないということでもあります。頭皮の血行を促進する以外の別の側面からアプローチする必要があります。

男性の頭頂部の薄毛は、男性ホルモンが影響している場合がほとんどです。頭頂部には、DHT(ジヒドロテストステロン)と結合する男性ホルモン受容体が密集しており、他の部位より男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、頭頂部の毛乳頭に存在する5αリダクターゼによってテストステロンが変化した物質です。

リアップから別の育毛剤に乗り換えるのであれば、5αリダクターゼの働きをブロックし、DHTの発生を抑制する効果を備えたものを使用する必要があります。DHTの抑制効果がある具体的な育毛剤については以下ページで解説しております。

・参考:薄毛原因の男性ホルモンDHTを減らしたい人にオススメの育毛剤3選!

DHTの抑制効果がある育毛サプリを使用する

育毛剤は、頭皮に塗布するものであり、頭皮の外側から作用するものです。より高い育毛効果、発毛効果を得るためには、頭皮の内側から作用する育毛サプリを使用すべきです。

育毛サプリの基本的な役割は、頭皮の血流を良くすること、頭皮や髪の原料となる栄養素を補給すること、髪の細胞を活性化する成分を補給することです。こうした成分は、体内で吸収され、血液に乗って全身を巡り、頭皮の毛細血管から毛根へと供給されます。

今までサプリを使用していなかったのであれば、育毛サプリを使用することで頭皮の内側から髪に対するアプローチが可能となります。育毛剤に加えて育毛サプリも使用すべきですが、頭頂部の髪が薄くなっているのであれば、DHTの抑制成分を含んだものを使用すべきです。

血流を良くしたり、髪、頭皮を元気にする成分に加え、頭頂部の脱毛因子であるDHTの産生を抑制する成分を含んだものを使用するのが好ましいです。具体的には、ノコギリヤシ、フィーバーフュー(ナツシロギク)といった成分にDHTの抑制効果があります。DHTの抑制効果がある具体的な育毛サプリは以下のページで解説しています。

・参考:プロペシアを飲みたくない人にオススメする育毛サプリ5選!

AGAの内服薬であるプロペシアは、化学合成されがフィナステリドという医薬成分でDHTを抑制しますが、育毛サプリは医薬成分ではなくノコギリヤシやフィーバーフューといった植物性天然成分によるものなので、プロペシアのような副作用がなく安心して継続的に服用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする