ポリピュアEXを半年使っても前頭部の薄毛が治まらない時の対処法!

半年使用して効果がなかったら一旦見切りをつけるべき

一般的に、育毛剤の効果が実感できるのは、使い始めて3ヶ月から半年と言われています。ポリピュアEXを半年間使用したのであれば、何らかの効果を実感しているはずです。

ですが、半年間ポリピュアEXを使用したにもかかわらず、前頭部の薄毛が改善していないのであれば、ポリピュアEXを使用し続けるのは一旦やめたほうがいいです。

育毛剤の効果があるかないかは、使用する人の体質によって大きく変わるものです。人によって効果がある人もいれば、全く効果がない人もいます。

半年間使用し続けて効果が感じられなかったのであれば、ポリピュアEXはその人に合っていなかったということ。一旦見切りをつけて、別の対策を考える必要があります。

前頭部の薄毛の主な原因

「前頭部の薄毛」といっても症状の表れ方は人それぞれです。ですが、以下のような症状が表れているのであれば、男性ホルモンの影響を受けていると考えられます。

・前髪の生え際が後退している
・前頭部だけ地肌が透けている

ポイントは、側頭部や後頭部の髪は問題ないのに前頭部、頭頂部に症状が表れているという点です。前頭部の毛乳頭には、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と結合するアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体が密集しています。

男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)は、アンドロゲンレセプターと結合することでTGF-βと呼ばれる脱毛因子を産生させます。そのため、アンドロゲンレセプターが密集する前頭部は特に男性ホルモンの影響を受けやすいのです。

側頭部や後頭部の髪は問題ないにもかかわらず、前頭部に集中して薄毛の症状が表れているのであれば、原因は男性ホルモンだと考えてまず間違いないです。

別の育毛剤に乗り換える

薄毛対策といえば育毛剤を使用するのが基本です。ポリピュアEXで効果がなかったからといって、育毛剤そのものの使用をやめるべきではありません。育毛剤そのものの使用をやめてしまえば、前頭部の薄毛は確実に進行していきます。

前頭部の薄毛に悩む人がポリピュアEXから別の育毛剤に乗り換える場合、候補として挙げられるのは以下の育毛剤です。

・チャップアップ
・イクオス

DHT抑制効果の違い

チャップアップとイクオスがポリピュアEXの次に使用すべき育毛剤として候補に挙がる理由は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制効果がポリピュアEXより高いからです。

前頭部の薄毛は、男性ホルモンの影響を受けている場合が多いです。ポリピュアEXの次に使用すべき育毛剤は、ポリピュアEXよりDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制効果が高い育毛剤を使用すべきです。

DHTの抑制効果をポリピュアEX、チャップアップ、イクオスで比較すると以下のような違いがあります。

<男性ホルモンDHTの抑制効果比較>
ポリピュアEX・・・★★☆☆☆☆
チャップアップ・・・★★★★★★
イクオス・・・★★★★☆☆

DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンの主成分であるテストステロンが、5αリダクターゼ酵素の還元作用によって変化した物質です。

テストステロン + 5αリダクターゼ → DHT(ジヒドロテストステロン)

5αリダクターゼの働きを阻害することがDHTの発生を抑制することにつながります。ポリピュアEXにも5αリダクターゼの働きを抑制する効果はありますが、5αリダクターゼの抑制成分はわずか2種類しか含まれていません。一方のチャプアップは計8種類、イクオスは計5種類に及ぶ5αリダクターゼ抑制成分が含まれています。

前頭部の薄毛の原因物質であるDHTの抑制効果で比較すると、ポリピュアEXよりチャップアップやイクオスのほうがより高い効果が備わっているのです。

配合成分数、種類の違い

チャップアップやイクオスは、DHTの抑制力がポリピュアEXより高いことに加えて、ポリピュアEXより多くの成分を含んでいます。植物性天然成分、ビタミン、アミノ酸、ミネラルといった成分がポリピュアEXより多く含まれているのです。含まれている成分の種類で三者を比較すると以下のようになります。

<育毛剤に含まれる成分比較>
ポリピュアEX・・・20種類
チャップアップ・・・81種類
イクオス・・・61種類

ポリピュアEXに含まれる成分が20種類なのに対し、チャップアップはその4倍以上、イクオスは3倍以上もの成分が配合されています。チャップアップやイクオスに配合されている成分には、頭皮環境を整える成分、頭皮や髪の原料となる成分、DHTの抑制成分、頭皮の血行促進成分など多岐にわたる育毛効果があります。

育毛剤に含まれる種類、成分の数が多いほうが良いとは一概には言えませんが、より豊富な成分が含まれているほうが、より多角的なアプローチができるのは確かです。チャップアップやイクオスには、ポリピュアEXより豊富な成分が含まれていることもポリピュアEXの次に使う育毛剤として挙げられる理由です。

育毛サプリを使用する

ポリピュアEXを半年間使用して効果がなかったのであれば、育毛剤を乗り換えることに加えて育毛サプリを使用するのも一つの手です。育毛サプリは体の内側から作用するものであり、頭皮の外側から働きかける育毛剤とは性質が異なります。

・育毛剤・・・頭皮の外側から作用
・育毛サプリ・・・頭皮の内側から作用

育毛剤を使ってもなかなか薄毛の改善効果がなかった人が、育毛サプリを併用しだしたらみるみるうちに薄毛が改善したというのはよくある話です。今まで育毛サプリを使用してこなかった人も、これを機に育毛サプリと育毛剤を併用するもの効果的です。

育毛サプリを選ぶ上で必須となるのがDHTの抑制効果です。前頭部の薄毛の原因は多くの場合、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTの抑制効果は必須ポイントであり、DHTの抑制効果があるものの中から使用するものを選ぶ必要があります。

DHTの発生を抑制する効果があるものとして育毛サプリに含まれる成分が、ノコギリヤシフィーバーフューです。この二つの成分を含む育毛サプリとして挙げられるのが、以下のものです。

ボストンサプリ
チャップアップサプリ
イクオスサプリ

上記3つのサプリには、ノコギリヤシとフィーバーフューの成分が含まれており、前頭部の薄毛の原因であるDHTの抑制に効果的です。

DHTの抑制効果以外には、三者とも頭皮の血流改善、頭皮や髪の原料となる成分の補給、細胞の活性化などの効果が備わっています。どれが最も効果があるかは実際に使用してみないと分からない部分もありますが、この3つのうちから選んでおけばまず間違いないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする